読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかろん日記

2歳と0歳の姉妹の子育て中。人には言いにくい出産、育児のモヤモヤを書いてスッキリするためのブログです。

出産記録前編。

2015年10月25日、次女出産の時の様子を書いていきたいと思います。細かく書いていきたいので長文になりますが、どなたかの参考になれば幸いです。


えーっとどこから書いたらいいのか…
何日か前にも陣痛のようなものが来ていました。結果40週6日で生まれましたが、本陣痛が来ないので毎日ハラハラしていました。

10月24日、陣痛もまだでしたが夫が来てくれていました。母がこの日は横浜へ日帰りの旅へ出ていたので、もし陣痛が来たら困るので来てくれました。

あーあ、今日も陣痛来なかったよーと思いながら、貧血なので鉄のサプリがとうとう無くなったので、西松屋にマタニティーチャージを買いに行く。結果一粒も飲まずに出産しましたが。

夫、長女、私の3人でごはんを食べ、お風呂に入って寝る。娘は全然寝ないことにかけては世界一。やっと寝かしつけ、早く寝なくちゃ!とがんばる。

でも寝られない。お腹いたいから。なんかうんちしたい。こんなことは時々あるので特に疑問に思わなかったです。

10時過ぎても寝られない。そのうち母が帰宅する音が聞こえる。だめだ。トイレいこう。

しばらくがんばるが全然だめ。でもこんなに便意があるからまたトイレこなくちゃだめだなーと思いながら再びふとんへ。

まさかと思いつつ、何度目かの陣痛アプリを開く。前駆陣痛の時にも何度かお世話になっています。

時々ものすごく便意がある。その時々の間隔を測ってみる。


6分。

おやおやまさかね。うんちだし。うん。すごくうんちしたい。


でも一応続けて間隔を調べる。おや6分だ。時々4分にもなる。まさかね。

と信じたくない私。というより、まだうんちだと思っている。

そんなわけないと思い、少し痛みを我慢してみて8分とかの間隔になるけど、やっぱり痛い。

11時頃、旅疲れした母にお腹痛いと言いづらい…でも言わなきゃ。とのことで、寝ている母を起こし状況説明。「とにかくうんちしたい」「それ陣痛」「あ、やっぱり?」

夫を起こしに行く。夫、飛び起きると娘が起きてしまう。「このやろう」と思いながら泣く娘を一生懸命寝かしつける。この間超お腹痛い。

30分かかってようやく寝かせる。病院に電話をして入院準備。

母に娘を託して夫と車で病院へ。途中でコンビニでおにぎりとお茶買う。

入院する病院は、これまで外来で行っていた病院とちがう建物なので、真っ暗な中入口がわからず間違える。

やっと病院に着くと、母子手帳忘れた気がして気が気じゃなくなる。結果、前日から積んであった荷物に入ってました。夫に散々探させたけど犯人は自分。痛みでかなりイライラしていることを感じる。

すぐにもう一人妊婦さんが来て、同じく陣痛が来て入院になるそう。母子手帳ない騒ぎでそちらが先に診察。

私も診察を受けると子宮口5センチとのことでした。

「やっぱり陣痛だったんだ」とほっとするけど、あと半分もあるし、さらに痛くなるのかと思うと緊張が高まります。

陣痛室に通され、着替えてモニターをつける。

このときで4分とか3分位の間隔。妊婦さんがもう一人いるので、アロマやソフロロジーのCDは断られる。

脳内でソフロロジーのCDを再生しつつ、トレーニングCDの「額の緊張を解きます。大じわ、小じわを消します」と言うフレーズばかり意識する。

その部分を思い出すとリラックスすることを思い出せるので、何度も何度も自分に言い聞かせていました。

この時点では本当にリラックスして体の力を抜くと痛みがかなり楽になっていました。正直陣痛乗り越えた!大丈夫だ!と思っていました。楽になる方法発見~位に。

夫が駐車場に行って戻ってきたころからどんどん痛く、間隔も狭まり、痛みの時間も長期化。次の痛みが恐怖になるように。

痛くて体に力が入るので、夫に肩のところに両手を置いてもらい、時間を計ってみるもらいながら励ましてもらうようにお願いしました。

だんだん痛みでリラックスできなくなってきたので、二人で呼吸を意識して息をしてみました。助産師さんに吸ってばかりだと過呼吸になるから、息を吐いてと言われるけどできない。それができないんだよ!とイライラする。

もう4時頃になっていました。あとどのくらいかわからないけど、本当に本当に痛い。前回は1日以上かかったので、まだだと思うけど、痛みはもうすぐだというくらい痛い。

そしてほぼずっと痛いみたいになってきた。あまりの速さにパニックになりかかっていました。

そういえば呼吸を意識する前にテニスボールをおしりのしたに置いて横になってみました。

痛みがまだましになりました。でも試しに外してみると、もうほんとにやばいです。蓋が外れるみたいな。よくわからないかもしれませんが、痛みの蓋をしてたのに外れちゃったみたいな感じです。

痛みの感覚が、「あ、これやばい、もう出る寸前の痛みだ」となってきました。ナースコールで助産師さんを呼びます。

内診してみようね、と内診台に誘われるけど痛くて動けない。分娩台の方が近いので、そこに行って内診しようと言われ、痛みの合間に急いでいく。

陣痛室よりめっちゃ広くて明るくて機械だらけの部屋。台に上がった途端、どうしようもない痛みが襲う。



長いので次回に続きます!