読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかろん日記

2歳と0歳の姉妹の子育て中。人には言いにくい出産、育児のモヤモヤを書いてスッキリするためのブログです。

わぁ、1ヶ月も放置してました。

昨日見てびっくり。前回ブログを書いてから1ヶ月も放置していました。ごめんなさい。

なんかこう、どう書いて良いのか迷うことが起きていて、どうにもこうにも更新する気力が起きませんでした。


えーっとざっくり言うと、子供の病院通いばかりの1ヶ月でした。
順を追うと、

長女、耳鼻科に2週間近く毎日通う。(硬くなった耳垢+中耳炎の治療)

長女、帯状疱疹の疑いで小児科へ行く。(特に何ともないですよと言われる)ガクッ

―ここで、椅子から落ち、右手首痛い痛い言うので、整形外科も行くか検討するもあまりにも毎日病院行くので、様子見。しばらく経つと言わなくなる。

次女、ほっぺに発疹ができて小児科へ。水疱瘡かと思って。しかし、そんなことより左頬の赤いのが気になると言われ、今すぐ皮膚科へ直行命令。

そのまま皮膚科へ。
大学病院行ってください。はっ?何言ってるのかわかんない。
これは血管腫です。生まれつきのものです。大学病院に紹介状書きます。
ええぇーーーー!?

後日大学病院の皮膚科へ。
血管腫ですね。母班との合併症です。治療は形成外科でレーザーで行いましょう。形成外科に行ってください。

―いやいやもうついていけません……なぜこんなことに…??

その前に長女、2歳児歯科健診。ふつう。虫歯なし。

長女、帯状疱疹の疑いがあるところ、まだずーっと痛がるので皮膚科へ。かぶれだそうです。お薬もらう。

やっと形成外科へ。とりあえず治療方針を聞く。来月まで様子見て、必要ならレーザーしましょう。。

翌日、長女、歯みがきの仕上げ磨きで肘が外れる…夕方整形外科へ。よぼよぼのおじいちゃんが診察してくれて一瞬で治してくれました。




なにこれ?最後の肘外れるはもう呪われてるとしか思えなかったです…
おじいちゃん、神でした。


そんなこんなの1ヶ月でした。
血管腫って知ってますか?私は聞いたこともナッシングでした…

お腹の中で赤ちゃんの毛細血管が、皮膚の浅い所に異常に広がる病気らしいです。見た目は赤いです。毛細血管がたくさんあるので。

生まれたときから赤かったです。生まれたとき何か言われませんでしたか?と言われましたが、全く何もなく。このクソ医者ーー!!と八つ当たりしたくなりましたが、今となっては仕方ない。

それより、水疱瘡と勘違いした母と小児科の先生ナイスですよねー。勘違いしなければずーっと気づかないわけですから。しかしこの小児科の先生も3~4ヶ月健診で見てますけどね…

レーザー治療は毛細血管が幼若なうちにやると効果が高いそうです。

それと、気になるのが、脳や目に血管腫があると知能の発達が遅れたり、牛眼というものになるらしいです。あとはてんかんの痙攣を起こしたり麻痺したりするそうです。

この可能性を知ったとき、本当に恐ろしく、息ができなくなり、何も手に付かなくなりました。

皮膚科の先生が、僕が見た患者さんに今までこういう人はいなかったから心配しないで、大丈夫!と言ってくれましたが、最悪の可能性ばかり考えてしまう。
   

知り合いにも相談して、その方が知り合いの大学病院の先生に聞いてもらったりして、その可能性は限りなく0に近いんじゃないか、でも念のため調べてもらうのも良い。とのことで、少し安心できました。



その他にも書きたいことは山ほどあるような気もするし、ないような気もします…

とりあえず育児的もやもやは長女にあり。またそのうちもやもやを吐き出したいです。


なんだかすり減った1ヶ月でした。がんばれ母ちゃん!