読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかろん日記

2歳と0歳の姉妹の子育て中。人には言いにくい出産、育児のモヤモヤを書いてスッキリするためのブログです。

第2子出産予定の病院、信頼できる病院でした。

腰の痛みは良くなりません。一気になにもできなくなりました。


家事ができない。散歩できない。ずっと横になっていたい。ほんと役立たずで気分があまりよくありません。


昨日病院からの資料に目を通し、バースプランも書き上げました。


今回の出産する病院についての感想。
いいです。すごく。

これまで5つの産婦人科に行きましたが、いちばん良いです。

いちばん丁寧で優しい。よくある、そのくらい妊婦は当たり前、的な扱いもあまりなさそう。


そもそも初めてのお産の時、バースプランすら作ってもらえなかったです。というより、自分のことなのに関与させてもらえなかった?というほうが正しいかも。

バースプランの作成と書いてあるものの、そんなもの見たことも聞いたこともなし。


今回はバースプランの紙を渡されて、

これまでの出産にどんな思い出がありますか。

どのようなお産にしたいですか。

陣痛室ではどんな風に過ごしたいですか。

出産や入院中にどんな風に過ごしたいか希望はありますか。



等、自分の気持ちを書いて来てください。と言われました。


私の中ではこれはすごいことでした。

え、私の希望、聞いてくれるんだ。実現可能かどうかは別として、どうしたいかを聞いてくれるなんて、なんて優しいんだ!


都会の病院や、新しい個人病院はそれが普通なのかもしれないけど、私のこれまで通った病院はそんなことまったくしてくれなかったです。

むしろ、何か不安とか相談したり、体の不安や心配事を言っても、みんなそうだから。という態度。

心配しすぎ。的な態度にいつしか自分でも、何も心配してないし、私強い妊婦なのという態度を演じてきたように思います。


それがこんなに優しくされて、なんというか、一緒にお産がんばりましょう!いいお産になるようにお手伝いします!という心に触れて、一気に安心してしまいました。

赤ちゃんに会えるのが楽しみになるようなそんな気持ちです。



それから、妊婦生活から出産後までの過ごし方が書いてある小冊子ももらいましたが、これも古いですが丁寧!!

最初の出産の時に病院からもらった冊子には、乳腺炎や母乳の出る仕組みも載っていなかったのに、今回はきちんと載ってる!


これも病院を信頼したくなる要因のひとつです。



まだ1回しか行っていませんが、安心できる施設でお産できそうで本当にうれしいです。

娘の出産の時に行かなかったのが悔やまれます。本当にしなくていい苦労や余計なストレスばかりでした。


それとソフロロジーのCDようやくすべて聞きました。

これについてはまた次回。